【輸出ビジネス】Amazon輸出とebay輸出どちらから始める?

Pocket

こんにちは。中川です。

無在庫輸出をする時に、
2大マーケットであるAmazonとebayあるのですが、
どちらで販売するのがいいのでしょうか?

よくこの質問を受けるのですが、
この答えはAmazonの特徴とebayの特徴を知っておきましょう。

Amazon輸出の特徴

Amazon輸出の最大の特徴は出品制限がないことです。
Amazonで販売できる商品数の上限がないので、
最初からフルアクセルでいくことができます。

また商品登録方法は簡単で、
Amazonが写真や商品説明を用意してくれているので、
出品に時間がかからずすぐに大量に出品することができます。

出品できる商品が多いということは、単純に売れる確率が上がります。
なので販売開始から短時間で結果を出すことができます。

ただこのことはデメリットでもあります。
簡単に出品することができるということは、
他の人も実施することができるので、
どの販売先でも同じですが価格競争が起こるとがあります。

<メリット>
・商品の売れるスピードが圧倒的に早い
・出品制限がない
・出品手数料がかかならい(10万品まで)
・日本のAmazonと仕様が同じなので取り掛かりやすい

<デメリット>
・価格競争がある
・リピーターを獲得しにくい

ebay輸出の特徴

ebayの最大の特徴は購入者の方とのコニュニケーションになります。
ebayでは販売者と購入者のやりとりが活発なので、
仲良くなることで、何度も自分から購入してくれることが多いです。
リピーターになりやすいので、販売の安定感があります。

ebayは日本でいうヤフオク同じで、
中古品の販売が活発です!
なので日本の貴重な中古品などが高額で売ることができます。

ただeBayにはリミット(出品制限)というものがあります。
初めてeBayの販売者になる方には、出品数と金額に制限がかけられています。

これは販売をしていく中でリミットの幅が大きくなり、
多くの出品数と高額な金額を販売することができます。

このリミットとはebayでしっかり販売している販売者を優遇して、
そうでないセラーには制限をしているものであり、
ebayの運営者が安心して商品を購入してもらうためです!

これはメリットでもデメリットでもあるのですが、
最初はリミットが低いので販売がしづらいですが、
一度上がってしまえば、リミットは参入障壁になります。
なのでebayは続けることで有利に販売することができます!

<メリット>
・戦略の自由度が高い
・お客様とのコミュケーションがとりやすい。
・中古品の販売にも向いている。
・リミット(出品制限)が参入障壁となっている

<デメリット>
・ひとつの商品の出品に時間がかかる
・リミット(出品制限)があるので大量出品できるまでに時間がかかる。

結局どっちをするべきか?

 

同じ海外輸出ビジネスでも特徴が異なるので、
自分の目的に合った方を選択をすることが大事になります。

早く稼ぎたいという方についてはAmazon輸出の方で。
安定して稼ぎたいという方についてはebay輸出になります。

どちらも魅力的なマーケットなので、
両方ともして欲しいですがまずは1つで稼ぎましょう!

2つを同時にすると中途半端になってしまうので、
その点だけは注意しましょう!

それでは、
次回からはそれぞれの魅力的なマーケットの実践について、
お伝えしていきます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です