【輸出ビジネス】急に別分野の輸出ビジネスを始めた理由

Pocket

初めまして。
中川瞬と申します。

ブログ初投稿ということで、
私の自己紹介と私がしているビジネスについてお話しますね!

私は千葉出身で現在は大阪に住んでいます。
幼い頃から喘息の発作があり、入退院を繰り返していました。

その頃から医療に興味があり、医療系の大学に進学しました。
4年間の学生生活を送り、卒業後は精神科の病院に就職しました。

病院で約6年間勤務しましたが
今は何をしているかというと、
数年前に病院を退職しインターネットビジネスで会社を経営しています。

病院に勤めていた時の同僚や医療大学の友人と年に数回会いますが、
医療の場から他の職業になっている人は殆どいません。

私もある出来事がなければ、
そのまま病院で働いていたかと思います。

私が医療という場から、
インターネットビジネスとまったく別の職種になったにはきっかけがありました。

少し昔の話になりますが、
私が病院で働いていた時の話しをしますね!

私が働いていた病院は300床くらいで、
スタッフが150人くらいの中規模の病院です。

特に不満もなく普通に勤務していたのですが、
ある日スタッフが全員呼び出されることがありまして、
言われたのが、「明日から給料がでない」というものでした。

“意味わからないですけど”、
という感じだったのですが、
病院の経営権の争いにおける銀行口座の凍結でした。

経営権を争っている2人によって、
スタッフ150人の給与の停止と迷惑な話です。

給与が止まった時にすぐに別の病院に移る人もいれば、
そのまま残っている人もいました。

結局3ヶ月間くらいは給与が止まり、
病院が収集するまでには半年以上時間がかかりました。

今だから普通に話せますし、
その出来事があったおかげで、
自分で稼ごう、自分で何かお金を生み出そうと思い、
行動に起こすことができたので、
逆のよかったと思ったりもします。

あの時思ったのは、
私が思っていた”病院の仕事=経済的安定”というのは、
そうでもないのだということ。

そして、
何かに依存するのでなく、
自分で稼ぐことが、稼ぐ力が必要だということです。

パソコン音痴で医療という全く違う場で働いていた私が、
今はインターネットビジネスの会社をしています。

なので誰でも始めることができますし、
自分で稼ぐことって結構面白いです。
ただ勤務してもらうお給料とは違う感じです。

自己紹介はこのくらいにして、
次回はなぜ私がインターネットビジネスを選択をしたかについて、
お伝えしますね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です( ^ω^ )昨日オンライン販売者向けの外国通貨サービスをしているワール…
  2. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  3. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
PAGE TOP