【無在庫輸出】Pメール・Dメールについて

Pocket

こんにちは、中川です。

今日はあまり知られていない発送方法、

DメールとPメールをご紹介します。

DメールとPメールの最大のメリットは

なんといっても安い料金です。

もしDメールとPメールの条件がそろっている方は、

使用すると、かなりお得になります。

今回はeパケットライトも含めて比較します。

詳細について説明しますね。

Dメール・Pメールは日本郵便が行うサービスです。

https://www.post.japanpost.jp/int/service/dp_mail.html

Dメール・・・航空優先大量郵便物   航空扱いで優先的に届けられます。

Pメール・・・航空非優先大量郵便物    Dメールよりも配達が遅くなります。

 

  それぞれの料金は?
Dメール(航空優先大量郵便物) (単位:円)
地帯 第1地帯 第2地帯 第3地帯
重量 アジア 北・中米、ヨーロッパなど 南米、アフリカ
25gまで 55 75 90
50gまで 90 120 160
100gまで 140 190 270
150gまで 190 260 380
200gまで 240 330 490
250gまで 290 400 600
300gまで 340 470 710
350gまで 390 540 820
400gまで 440 610 930
450gまで 490 680 1,040
500gまで 540 750 1,150

 

Pメール(航空非優先大量郵便物) (単位:円)
地帯   第1地帯 第2地帯 第3地帯
重量   アジア 北・中米、ヨーロッパ 南米、アフリカ
数式 1 1通あたりの料金 45 50 55
数式 2 総重量100gあたりの料金 70 90 120

*オプションサービスは書留のみ(書留は+410円)

*料金支払い方法は「料金後納」「料金別納」のみ

 

使用可能条件は?

1.印刷物であれば、一度に300通以上を発送

2.小形包装物であれば、一度に50個以上を一度に発送

3.取扱郵便局は限定

4.集荷は不可、郵便局への持ち込み

以上を踏まえて他の配送方法と価格を比較します。

条件は小形包装物500gを書留付きで、

郵便局持ち込みで、50個アメリカに発送した場合とします。

 

1.国際eパケット

基本料金:500gまで1,235円

50個 x 1,235円 = 61,750円

都度割引=50個 x 50円=2,500円

総額=59,250円

2.eパケットライト

基本料金:500gまで870円

50個 x 870円 = 43,500円

3.SAL書留

基本料金:500gまで990円

50個 x 990円 = 49,500円

都度割引=50個 x 50円=2,500円

持ち込み割引=50個 x 20円= 1,000円

総額=46,000円

4.Dメール書留(通常料金に書留料金を加えて算出します)

基本料金:500gまで1,160円

50個 x 1,160円 = 58,000円

都度割引=50個 x 50円=2,500円

持ち込み割引=50個 x 20円= 1,000円

総額= 54,500円

5.Pメール書留 (通常料金に書留料金を加えて算出します)

基本料金:500gまで910円

50個 x 910円 = 45,500円

書留料金の割引サービスを摘要

45,500円 – (50個 x 50円) = 43,000円

都度割引=50個 x 50円=2,500円

持ち込み割引=50個 x 20円= 1,000円

総額= 39,500円

 

結果、どれが一番安いの?

国際eパケット              61,750円

Dメール書留                 54,500円

SAL書留                46,000円

eパケライト                  43,500円

Pメール書留                 39,500円

比較すると、Pメール書留が一番安いです。

しかも、Pメール書留は料金が高いSAL書留より到着が早いです。

だいたいeパケットと同じ位の早さです。

例えばヨーロッパ向けにPメール書留を使うと、4~5日程で到着します。

北米でも7日~10日で到着するので、eBay販売でOpen caseになることも少なく、

効率の良い発送方法です。

料金もPメールとSALの書留だと、6500円の差があります。

Pメール書留は切手払いができるので、切手を安く仕入れれば、

ここからさらに送料を安くすることが出来ます。

今回の発送方法をまとめると、

リードタイムに余裕があり、一度に50個以上発送できるならば

Pメール書留が一番安くお届けができるということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です