【無在庫輸出】EMSとDHLを発送で使用する時の注意点

Pocket

こんにちは。中川です。

今日は輸出時に使用する配送方法の
EMSとDHLのメリット、デメリットについて説明します。

 

容積重量での送料計算

EMS以外の国際便では送料計算をする時に、
“容積重量”という計算方法になります。

容積重量とは荷物のサイズから換算される重量になります。
計算式は、
容積重量(kg)=縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷5,000(c㎡/kg)

例えば、3辺すべて50cmの場合の容積重量は、
50cm×50cm×50cm÷5,000=25kgとなります。

DHLで荷物を送る場合は、この容積重量と実重量のどちらか重い方を重量とします。
なので先ほどの3辺すべて50cmのダンボールの重量が10kgであっても、
送料は25kg分になるということになります。

なので、軽い商品ばかりを集めて送る場合に、
予想していた送料よりも、高くなるケースがありますので注意する必要があります。

容積重量の計算については、DHLのサイトで計算することができます。
http://www.dhl.co.jp/ja/tools/volumetric_weight_express.html

複数の箱に分かれた荷物の送料計算方法

EMSとDHLでは、複数の箱の荷物を送る場合送料の計算方法が違います。
EMSでは1箱ごとに送料を計算します。
DHLでははそれぞれの箱の重量を合算して、その合計重量について送料計算となります。

例えば、10kgと30kgの2つの箱の荷物を送る場合、
EMSでは10kg分の送料の料金と30kg分の送料の料金の合算した料金になります。
DHLの場合は合計の重量の40kg分の送料になります。

そのため、一度に複数の荷物を送る場合はDHLの送料計算の方が安くすることが多いです。

送料の割引について

EMSの送料は個数での割引があります。
一度の発送で10個以上、もしくは月に50個以上など、まとめて発送をすることによって割引が適応されます。

DHLの送料は契約によってさまざまなので、契約によってはEMSよりも安くなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です