【無在庫輸出】輸出販売の販路の増やし方

Pocket

こんにちは。中川です。
今日は販路拡大についてお話ししていきます。
輸出に関しては、10個以上のマーケットプレイスで販売を経験しています。

マーケットプレイスでいうと、
ロシアのマーケットであるOZON(オゾン)や、
インドのebay,Amazonでの販売を経験したことがあります。

そのようなマーケットに参入することができるのが、
無在庫物販の特徴です。
今日はそのことについてお話ししていきます。

なぜ、ロシアのOZON(オゾン)やインドのebay,Amazonで販売をしたのか?

あまり日本の方でロシアのマーケットやインドのマーケットで、
販売を経験したことがある方は、少ないと思います。

といのも言語がちがっていたり、
決済方法がちがっていたり、
販売自体に条件があったりします。

ロシアであれば決済方法でPayPalでなく、
ヤンデックスマネーとしう決済システムであったり、
インドでは、インドの法人が必要であったりします。

私が販売のきっかけになったのは、
ebayで私が取り扱っていた商品がロシアの方が
大量に購入していったからになります。

それを機にロシアの決済方法の手続きをして、
ロシア語を話せる外注をみつけて開始しました。

インドについては、
たまたま知り合いの方がインドで法人をお持ちだったので、
そこで販売をしていました。 

資金がかからないので新しいことに挑戦ができる無在庫販売

こんな風に販路を広げることができるのも、
無在庫販売の特徴です。

とくに新たなマーケットでも、
最初に在庫を仕入れず無在庫で販売して反応をみて、
始めることができます。

やっていることは、いつものAmazon輸出とebay輸出とかわりませんので。
購入者から注文を頂き、商品代金を頂いてから販売方法です。

結果なのですが、ロシアのマーケットではebayで売れている商品は、
OZONでは全く売れませんでした。

販路を増やすまでに現在の販路を安定化

先ほどのように新しいマーケットプレイスに参入し販売をして、
収益をあげる方法もありますが、
その前に現在の販路を安定させることをおすすめします。

現在の販路が安定しなしと
新しい販路が疎かになってしまって、
結果的に収益が伸びません。

また新しい販路での販売をしている間に、
現在の販路が崩れるとそれどころではなくなります。

現在の販路を安定させる方法として、
私がおすすめしているのが、
同じ販路のアカウントをもう1つ作成することです。

同じマーケットで経験をしていることから、
要領をつかんでいるので、2つ目のアカウントの初速は早くなります。

また単純に考えれば
収益は2倍になり万が一のアカウント停止でも、
1つのアカウントは残ることになります。

なのでまずは、
慣れた販路の2つのアカウントで収益を確立させましょう。

販路を広げるタイミングと方向性

なので販路を増やすタイミングは、
慣れた販路を2つアカウントの収益が安定していること。
そしてその業務が外注化できていることが大事になります。

 

販路を広げる方向性としては扱っている商材にもよりますが、
Amazon輸出をしている方であれば、ebay輸出。
ebay輸出をしている方であれば、amazon輸出、海外ネットショップといった、
選択肢をとる方が多いです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です( ^ω^ )昨日オンライン販売者向けの外国通貨サービスをしているワール…
  2. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  3. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
PAGE TOP