【無在庫輸出】返品商品の対応方法について

Pocket

こんちにちは。中川です。

物販をしているとお客様から返品等によって、
不良在庫が溜まってしまうことがあります。

輸出であれば発送前のキャンセルであれば国内で在庫となり、
発送後での返品であれば日本国外で在庫が溜まることが多いです。

不良在庫はキャッシュフローを圧迫をするので、
早期に対応する必要があります。

仕入れ先に返品すことが有効であるか、可能であるかを判断する

輸出の場合、海を越えた国で商品を販売になります。
仕入れ先は日本ですが、販売先が日本以外の国になります。

販売するマーケットがAmazon.comであればアメリカがほとんどです。
販売するマーケットがebay.comであればアメリカ以外の国もあります。

仕入れ先に返品をするという選択肢がありますが、
これは発送前の在庫が日本にある状態であれば、
手間がかからずすることができます。

しかし発送後の場合は、商品がすで日本からでてしまっているので、
日本に送り返すにも送料等がかかります。

重量が重い商品であれば、
送料によっては商品代金よりも費用がかかることがあるので、
注意する必要があります。

また仕入れ先が返品の交渉等も必要になります。
輸入の場合は仕入れ先が日本国外のため、
日本語以外の言語での交渉になるので、やや複雑になります。

返品の際には購入してからの期間も、
仕入れ先の返品受け入れ可否のポイントになります。
仕入れ先に商品を返送したが到着が、
返送受け入れの期間を過ぎてしまうということも、
注意する必要があります。

仕入れ先への返品することについて、
状況を踏まえ判断しましょう。

海を越えた場合は越えた場合はその国で販売

再販売をすると判断した場合は、
原則商品がある国で販売することをお勧めします。

商品が日本にある場合は、Amazon.co.jp、メルカリ、ヤフオクなどの
すぐに販売できるマーケットで販売することをお勧めします。

商品がアメリカにある場合は、Amazon.com,ebayなどので
販売することをお勧めします。

商品がアメリカにある場合は、発送拠点を作り、
その拠点から発送やFBAに納品してもらう必要があります。

仕入れ価格から赤字になってでも売り切る

返品商品についての再販売については、ルールを決めることをしています。
返品後からの期間を基準に販売価格を変更します。
この販売価格は、赤字になることも多くありますが、
不良在庫となり、キャッシュフローの圧迫するのと比較すると、
現金化した方が次のビジネスに使用することができます。

返品商品についての再販売については、
仕入れをした本人が価格を設定するよりも、
外注やスタッッフがすることの方が円滑にいくことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です