【無在庫輸出】Amazon輸出とebay輸出のホリデーに向けての準備

Pocket

こんにちは。中川です。

今日は「ホリデーで爆発的に売り上げるには9月からの準備」という話しをします。

今、ぼけーっとして、過ごしている人は、10月、11月では間に合いませんので、注意してください。

気づいたら終わっていたということになりかねません。

私自身は去年、準備にとりかかったのが10月でした。

結果、充分な体制を整えることができず、悔しい思いをしました。

なので今年のホリデーは気合が入っているんです。w

私の去年の体験を踏まえて、お話しするのですが、

実践すると、売上が2倍、3倍、4倍と爆発的に上がるので、ぜひやってみてください。

まず最初にスケジュールを確認していきましょう。

スクリーンショット 2016-09-06 21.33.18

ホリデーは11月から爆発的に売れます。

なので、

準備をするのは9月

準備したことをもとに戦略を立てるのが10月

実践するのが11月になります。

9月の準備が遅くなると、10月の戦略にずれ込み、11月のスタートが切れなくなります。

まず最初に9月にすることについてです。

<9月の準備>

①発送外注の準備

・自分で発送している方

・発送業者で発送している方

・発送外注を雇っている方

大きく3つの発送方法がありますが、自分で発送している方、発送業者で発送している方は注意です。

自分で発送している方は、想定外の発送料量で自分では対応しきれなくなります。

また発送する時間があるのであれば、他にやることがホリデーにはたくさんあります

発送業者に依頼している方は、発送代行業者がパンクすることがあります。

業者が処理しきれないため、予定の配送日に商品がお客様のもとに届かないという事態が起こります。

9月のうちに自分の発送外注を雇い、発送できるよう体制を整えて、発送量をさばけるようにしましょう。

②梱包材の準備

これは地味にやっといた方がよかったと、私が感じた点です。

梱包材がなくなった

→注文しても3日後の到着(発送ができない)

→忙しい時間に近所で大量の梱包材を購入

といったホリデーの期間に1番大事な時間の浪費なります。

このようなことのないよう、しっかり備えておきましょう。

③クレジットカードの準備

重要な点なのですが、注文が多くが入る時期でも、仕入れ資金がなくてはホリデーで充分に戦えません。

仕入資金を確保するためにも、クレジットカードを新しく作っておきましょう。

9月で3枚申請して、10月で3枚、11月には6枚用意してある、という状態にしておきましょう。

④融資の依頼

こちらはクレジットカードと同じく、仕入資金の確保です。

融資は個人でも受けることができますので、9月の時期に相談して、

10月後半、11月前半には入金されているのがベストです。

私は日本金融公庫から融資をうけました。

https://www.jfc.go.jp/

10月は販売の準備と販売戦略になります。

①受注管理体制を整える

受注件数が一気に増えるので、受注→仕入→発送手続き→発送という業務のすべてが増えます。

今している受注管理の方法で、ホリデーをのりきれるのか?

今している仕入れの方法で、ホリデーをのりきれるのか?

今している発送管理方法で、ホリデーをのりきれるのか?

と1つ1つを、マンパワーとシステムの視点で、考えましょう。

マンパワーを増やして、この時期を乗り切るといった方法もあります。

②出品数を増やす

ホリデーはとにかくなんでも売れるボーナスタイムです。

このボーナスタイムに、出品数を増やさず、いつもと同じ商品しかしないことは、

もったいなさすぎます。

また、シーズン中は思いもよらない価格で売れることがよくあります。

10月の間に出品数を増やし、これまで扱っていないような商品も出品していきましょう。

③資金から、利益率、利益額、販売金額をシミュレーションする

どれくらい売れたらどれくらいの利益率で、利益額で販売するのかを考えておきます。

私は昨年、〇〇百万まで売れる間は利益率〇〇%でいく、

〇〇百万円からは利益率を〇〇%に上げていく、といったように段階的に行いました。

私が昨年は、キャッシュフローを考えながら、3段階まで価格をあげて調整しました。

一定の利益率では、シーズン後半でもっと売れたのだから利益率をもう少し上げておけばよかった、

というように機会損失になることが多いです。

戦略を段階的に行い、柔軟に対応できるようにしましょう。

11月は販売実践になります。

①10月にした資金と販売金額のシミュレーションを実践していきましょう。

キャッシュフローに注意しながら、調整をしていきましょう。

キャッシュフローを見誤ると、入金よりも仕入れ資金が上回りショートしますので、

ここだけはしっかりと把握し、注意しましょう。

②在庫補充にて機会損失を防ぐ

無在庫販売では、商品が売れてストアでの在庫が0になった場合、すぐに在庫を補充しましょう。

このまま在庫が0の状態は、機会損失になります。

この在庫を0から戻す時間は、普段はそこまで大きな機会損失になります。

なんども言っていますが、ホリデーは特別なんです。

③リードタイムに注意して出品取り下げ、コンディションノートの変更

リードタイムとは商品がお客様の元へ届くまでの日数です。

ホリデーシーズンではお客様が配達日時を指定するケースが増えます。

「クリスマスには絶対に届けてくれ!!!」といったように。

しかし、この時期はたとえEMSでも通常通りに届くとは限りません。

そういった状況を考えながら、仕入に時間がかかる商品の出品を取り下げる。

あるいは、発送ポリシーの内容を変更するといった対応をしていきましょう。

④アカウントの維持

最後になりますが、ホリデーで1番避けなければならないのは、アカウントの停止です。

爆発的に売れるのはいいですが、

そのままアカウント停止になると爆発的に売れた売り上げが保留されます。

500万、1000万、1500万、2000万・・・・・・

入金されるのが、90日後となった場合、その仕入れ資金の支払いができなくなってしまいます。

商品がよく売れるようになると、クレームもまた増えるようになります。

商品の未着、遅延、破損など、取引数が増えるとこうしたクレームが出てきます。

それを防ぐためにも、大事なのは早い時期からの準備になります。

今回は、「ホリデーで爆発的に売り上げるには9月からの準備」ということで、

お話しさせていただきました。

今年1番の爆発的な売り上げをだしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です