【無在庫輸出】無在庫販売での Amazonとebayの売れやすい状況の分析方法

Pocket

こんにちは。
中川です。

簡単にですが無在庫販売のAmazonと
ebayの売れやすい状況についてお話します。

もちろんプラットフォームがかわれば、
売れやすい状況も異なります。

Amazonの売れやすい状況の分析

Amazonの販売の評価の基準として、
管理画面のカート取得率と価格競争率という数値があります。

この数値が上がっているか?下がっているか?
がひとつの目安になります。

上げっていると売れやすい状況であり、
逆に下がっていると売れにくい状況になります。

Amazonはこの数値で、
他の方と比較してどのくらい売れやすいかを、
ダイレクトに評価することができます。

ebeyの売れやすい状況を分析

ebayではAmazonのように、
カート取得率と価格競争率といった数値はありません。

というのも商品カタログがないので、
カートというものがありませんので。

基本的にはダイレクトに他者と比較するような数値はなく、
数字といえばSeller Hubでいうどれくらい売れたか、
どれくらいお客さんがきたか、
どれくらいクリックされたかという評価になります。

他者比較をするには、
・セッション数からのPVで評価をすること
・検索でベストマッチでどちらか上位か比較すること
・検索でコンバーション数を比較すること

といった点になります。

 

まとめ

Amazonでは一目で他者比較をすることができ、
ebayでは検索等をしないと、
実際の他者との比較は難しい点がある。

このこともAmazonと比較するとebayの変化が遅いと、
感じられる1つの要因だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です