【ebay輸出】 ebayの日本人セラー2000人のUPCの入力について

Pocket

こんにちは。中川です。
eBayは年に2回、春と秋にセラーアップデートが発表されます。
昨年の秋のセラーアップデートで、
商品ページの作成する時にASINを入力できるというアップデートがありました。

ですがこのアップデートの内容は延期でまだ実装されておらず、
ebayの商品ページの作成時には、以前と同じくUPCを入れることをになっています。

実際に日本のセラーを2000人以上のデータをみてみると、
UPCの入力の仕方に特徴があったので、今日はその話しになります。

UPCの入力を最低限にして出品しているセラー

UPCについてはebayが入力を推奨していて、
入力していないと出品ができません。

ですが商品のカテゴリーによっては、
UPCを入力しなくとも出品がきます。

基本的にUPCをいれず、
エラーになるカテゴリーの商品のみをUPCの入力をしています。

全出品のUPCがデタラメなセラー

データをみていくとこんなセラーがいました。w
UPCを入力しないと出品ができないが、
UPCを調べて入力するのがめんどくさいということで、
適当にUPCを入力しているようです。

ebay自体が今は入力することを推奨している段階なので、
UPCの不正入力については、取り締まっている様子はないので、
今は問題はないですが、いつか出品を削除されるパターンです。

UPCで検索をすると明らかに違う商品がでてきます。

UPCにD/Aを入力するセラー

ebayではUPCがわからない時に、
D/A(Does not apply)という内容を入力することができます。

1年前くらいまでは主流でしたが、
最近はD/Aを入力していると、商品が出品取り消しになっていることがよくあります。

そのせいか、D/Aを入力するセラーは少なくなっていました。

UPCを適切に入力しているセラー

前3者とは異なり、UPCをきちっと入れているセラーです。
この割合は2割くらいの販売者数でした。

大体このセラーは商品情報であるItem specificがしっかり入力されていて、
ebayのベストマッチを意識しているようなセラーです。

まとめ

ebayの日本人セラー2000人のデータから、
UPCの入力のパターンは大きく4つになります。

簡単に言えば今のうちからしっかりと入力するか、
とりあえず入力するかといったところです。

特に1点ものの商品であったり、
商材に競合がいない場合には無理に入力せずとりあえずでも、
1つの方法です。

ただこれからebayの規制で入力していない商品や、
正確に入力していなう場合は商品削除やポリシー違反になるので、
注意しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  2. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
  3. こんにちは。中川です。 Amazon輸出をしていると、 自分の管理画面では出品をしているにも…
PAGE TOP