【ebay輸出】返金を繰り返すとPayPalのアカウントが送金不可になる

Pocket

こんにちは。中川です。

インターネットでのやりとりが増え、
決済の方法も電子決済が増えてきています。

ebay輸出であればPayPalで入金、送金することができます!
すごく便利な方法ですが、PayPalで返金を繰り返すと、
送金が一時停止など措置があります。

PayPalのアカウントの取引数や取引件数、返金率などを
把握しています。
なのでむやみに返金などはぜず、
PayPalのアカウントも健全性にも注意しましょう。

返金率やチャージバックが上がると送金が一時停止

返金率やチャージバックが一定の数値を越えると、
送金が一時停止になります。

一時停止になるケースの多くは、
自分の講座に送金をしようとした時です。

送金をしたはずが送金金額がPayPalに戻ってきています。
PayPalが今後の返金額を確保するために、
送金を止めたということになります。

この送金の一時停止が解除されるのは、
身分証明が必要になります。

こちらを提出しない限りは一時停止は解除されません。

ebayのエスカレーションとPayPalのチャージバックの関係

ebayでエスカレーションの場合、
PayPalではどのうように反映されているというと、
PayPalの問題解決センターには表示されていません。

PayPalでは異議申し立てにはなって、
資金は保留される形になります。

PayPalのチャージバックの場合は、
問題解決センター反映されます。

未解決、解決済みを表示されます。

PayPalの一時停止解除にために身分証明

求められる書類は下記になります。
・写真入り身分証明書
・住所を証明できる書類(いずれか)
・請求書の提供
・供給業者の連絡先情報
・事業情報を入力する
・配達証明を提出
と初期にする本人確認よりも内容が多くなります。

配達証明についてはPayPalからの
指定の発送の複数の追跡番号になります。

こちらの書類を送ってから、
数日経過してからの解除になります。

一時停止にならないための方法

ebay輸出をしている方であれば返金を減らすことになります。
返金理由であるキャンセルや返品を減らすことになります。

またebayのエスカレーションを早期に解決しましょう。
そしてPayPalのチャージバックも早期に解決しましょう。

解決をせずに保留金額が多くなればなるほど、
送金の一時停止の可能性も高くなります。

送金の一時となった際にPayPalに多くの金額があった場合、
キャッシュフローが圧迫されるので、その点も注意が必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  2. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
  3. こんにちは。中川です。 Amazon輸出をしていると、 自分の管理画面では出品をしているにも…
PAGE TOP