【ebay輸出】販売時に悩む仕入れ先と販売価格の設定について

Pocket

こんにちは。中川です。

ebay輸出でまず悩むのは仕入れ先と販売価格の設定になります。

販売価格は式を1つ決めるとそれだけで、
簡単に決めることができます。

また仕入れ先が定まっていなく、
1品1品異なるマーケットから仕入れる形にすると、
出品数が伸びません。

今日は価格の設定と、
無在庫販売の1番の特徴である出品についてになります。

 

ebayでの基本的な販売価格の設定

ebay輸出での販売価格では、
基本的に仕入れ先は日本なので販売価格の計算式は、

販売価格=日本の仕入価格+送料+手数料+利益になります。

利益の設定方法についてはebay輸出に限らずですが、
式としては利益額OO円+利益率OO%と、
一定の利益額と利益割合を組み合わせて設定することで、
自由度がつきます。

仕入れ価格が安い商品では利益額が中心に、
仕入れ価格が高い商品では利益率を中心に設定すると、
いい販売価格設定になります。

これご逆にしてしますと、
かなり安い価格になってしまうので注意しましょう。

具体的な販売価格の設定については、
商材のタイプや販売戦略で変わってくるので、
調整していきます。

一度設定した販売価格で動きがあるのを評価しましょう。

ebayでの仕入れ先について

販売価格=日本の仕入価格+送料+手数料+利益の式の
“日本の仕入れ価格”ですがどの仕入れ先を基準にするかで変わってきます。

例えば、この仕入れ先を1つのマーケットとしてどんどん出品していきます。
もちろん仕入れ先のマーケットを複数にする方がいいですが、
在庫の管理であったり、出品の方法が統一できないので、
とりあえずは、1つでかまいません。

出品する元の販売先は1つでもいいので、
大事なのは売れたあとに複数の販売先をみることです。

例えば、Amazonを基準に出品をしていくと決めた場合、
Amazonであればどんどん出品することができます。

写真も商品名や商品説明もAmazonが用意してくれていますので。
そして出品を積み上げて商品が売れた時に、
他の仕入れ先を確認すると、
Amazonよりも安く販売していることがあります。

その安い仕入れ先で購入することによって、
通常の設定していた利益よりも多くの利益を得ることができます。

なので出品数が少ない方については、
まず1つのマーケットにきめて、
その販売先から出品をして出品料を確保してみましょう。

この方法で何も考えず1つの商品で4万円以上の利益がでています。
販売価格  10万円
Amazon   7万円
メルカリ   4万円
といった感じになります。

1つの商品で4万円の利益がでるのであれば、
ebayストアのアンカーでもお釣りがくるので、
アンカーにして出品は1万品までだしましょう。

その1万品の中に同じことが起こる商品が、
必ずありますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です