【ebay輸出】ebayでの外注化の考え方

Pocket

こんにちは。中川です。
今日はebayでの外注化の考え方になります!

なぜ外注化をするのか

ebayをある程度進めていくと出品数が増え、
注文数が多くなって1人では大変になってきます。

特に副業でやられていて時間に限りのある人は
1日の作業が出品して終わりになってしまったり、
梱包、発送をしたら終わりとなってしまうこともあります。

どのビジネスでもですが、
現状の作業で手一杯ですと、売上を伸ばすことは出来ませんので、
外注化をしていきましょう。

 

外注化の考え方

外注化の考え方ですが、
自分でなく誰にでも出来る作業は外注化です。

自分が楽をするためという考えではなく、
外注することで自身の時間を増やし、
売上、利益を伸ばすことという考えです。

外注化するにあたって、
当たり前になりますが自分でもお仕事の内容を理解しましょう。

何度かその業務を実践することをお勧めします。

どの業務から外注をするか?

まず業務をすべて書き出します。
この時にできるだけ細かく書きましょう。

1つ例をあげるとこのようになります。

・商品リサーチ
・商品登録
・注文確認
・仕入れ
・顧客対応
・商品受け取り
・商品梱包
・商品発送

書き出し方はもっと細かくてもいいと思います。
大事なことは自身のしている仕事を
文字にして整理して確認することです。

この書きだした内容を1つでも、
減らすことができたら自身の時間が増えることになります。

書き出した業務をどの順序で外注化していくかですが、
この業務の中であれば、最初に外注するのは「商品登録」「商品発送」にしましょう。

気をつけて欲しいのは、「商品リサーチ」と「商品登録」は別物を考えてください。
「商品リサーチ」は最初から外注に依頼するといきづまってしまいます。
「商品リサーチ」は商品を探すことに経験が必要なので、
経験がない外注の方からしたら、難しく感じます。
なので、「商品登録」から依頼することをお勧めします。

「商品受け取り・商品梱包・商品発送」については、
購入した商品を自身でない場所で受け取りをして頂きますので、
最初は発送代行業者をオススメします。

このような形で、
書き出した業務を1つずつ外注化していきましょう。
「外注にどこまでの業務を依頼できるか」という点については、
難易度はありますが、基本的にすべてのことを依頼できると考えることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です