【ebay輸出】Mark down managerを使用する時のポイント

Pocket

こんにちは。中川です。

土日やホリデーでは、Selling Maneger Proをうちましょう!
使用することで、購入を考えている購入者にセールのメールがいきます。
この機能を使用することで売上があがります。

Mark down managerとは?

ストア契約している方が使える割引機能になります。
商品の価格の隣に赤い数字で”20%off”や”30$ off”と
表示させて、商品を目立たせることができます。

また商品をお気に入り登録している人にメールが送信されるのと、
自分のお店を登録している人にメールが送信されます。

セールする複数の商品写真のメールが送信されるので、
お気に入り登録している人以外の商品も目につくので、
購入を期待できます。

Mark down managerを使用する頻度

商品をお気に入り登録している人と、
自分のお店を登録している人にメールが送信されるのを生かすために、
機能をしようするのは短い期間で使用します。

実際に1週間という期間と、
2〜3日という期間で機能を使用すると、
1週間の方がPV数が高くなりました。

まずは2〜3日という短い期間で
PV数と売上を評価していきましょう!

ストアカテゴリをしっかりしておくことが大事

Mark down managerでは1度に機能を使用できるのは、
250品までになります。

商品の選択はストアカテゴリー毎か、
1品1品選択する形になります。

1品1品ずつ選択する場合は手間がかかるので、
ストアカテゴリーのしっかりとわけて、
そのカテゴリーごとに機能を使用するのがおすすめです!

可能であれば1つのストアカテゴリーを250品以下にすると、
管理もしやすくなります。

割引の設定

割引の設定ついては、
割引する商品の価格帯が一定であれば価格での割引、
価格帯がバラバラであれば、率での割引にしましょう。

価格と率の割引については、
低い値からスタートして評価をしていくのが重要です。

割引の商品選定でできないこと

割引の商品選定で一番良い方法は、
PVやお気に入り数や実際に売れている個数が多い商品を選択することですが、
Mark down managerの選定時に調べることができないので、
Seller hub等で確認してから、
Mark down managerで1品ずつ選択になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です