【ebay輸出】売れるのためにebayで目指す出品数

Pocket

こんにちは。
中川です。

今日はebayの出品数についての話になります。
無在庫販売では出品数が売り上げを上げる1つの基準になります。

eBayの無在庫販売の考え方

無在庫販売の場合、
ロングテールで多くの商品を出品するのが基本になります。

しかしebayには出品手数料があります。
出品手数料は1品あたり、5円から30円程になります。

なので売れない商品を大量に出品しても、
手数料だけがかかってしまいます。

なのでポイントは売れる可能性が高い商品を
無在庫で販売するということになります。 

ebayでまず目指す商品登録数

この数字は私の感覚ですが、
まずは2000品を目指します。

この時に大事なのは、
大事なのはいつまでに2000品と登録するのかということであり、
1日での出品数がポイントになります。

出品した商品は基本的に登録後より、
徐々に売れる可能性が下がる傾向にあります。

そのため、商品の鮮度が大事なので、
1日に何品登録するかということを考え計画を立てましょう。

商品登録の速度をあげること

売れる可能性の高い商品を、速度をあげて登録するには、
商品登録の効率化をするか、マンパワーを増やすことになります。

効率化という観点では、
ツールを使用することがあげられます。

無料で使用できる登録方法と
市販されているおすすめのツールをご紹介します。

・SAATSコマース
・24
・ファイルエクスチェンジ

SAATSコマースと24については、
翻訳機能がついている出品ツールになります。

こちらのツールを使用することによって、
普段のebayの管理画面から出品するよりも
早く出品することができます。

ファイルエクスチェンジについては、
CSVファイルで一括で出品、編集、出品取り下げができる方法になります。

ebayをはじめてする方には、少し難しいかもしれませんが、
もっとも速く出品を管理することができますので、
ぜひ使用してください。

出品については、やや複雑なのでエラーになることがあるので、
まずは編集、出品取り消しといった内容から始めることをおすすめします。

eBayでぶつかる壁「リミット」

昔はリミットという概念は存在していませんでいたが、
セラーが無在庫で大量に出品するケースが増えたため、eBay側が
リミットというシステムを採用しました。

リミットに関しての記事は以下にも書いています。

【ebay輸出】30日に1度は必ずリミットアップ

リミットアップの方法

リミットアップをしなければいつまでもリミットの上限は増えていきません。

◯電話で交渉する

月に一度リミットアップの交渉が出来ます。

電話で交渉する場合は自動リミットアップのように次の月には引き継がれないので注意してください。

毎月交渉しなくてはいけないという事です。

交渉する前準備

●出品数か売上金額のどちらかが、上限に達している状態である事

●交渉は英語でするため、英語で会話が出来ないと困りますね。

●交渉を行うためのツール「Skype」をインストールしておく事です。

メールでリミットアップの交渉

英語を話すのが苦手な方はメールでリミットアップをお願いするという方法もあります。

ただ電話での交渉よりは、リミットアップしてもらえる可能性が低いそうです。

英語が出来る人はメールより電話での交渉をお勧めします。

大量に出品って必要?

出品数が多い月は一番売れているというシンプルなデータです。

出品しなければ売れません。

出品数の圧倒的に少ない初心者の人は、
売れないと思い込んでしまって辞める人多いようです。

50や100品出品してもなかなか利益はでません。

無在庫輸出は出品の数が勝負とも言えるようです。

売り上げをあげている人は、2000品~4000品も出品しているんです。
しかし、自分一人では2000品の出品は大変ですよね。
そのため、外注さんに対価を支払う代わりに大量出品してもらうというシステムを使うのです。

このマンパワーと増やすとういう点については、
また別で外注についてのお話しとしてできたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です