【ebay輸出】商品リサーチより重要な出品したあとの分析

Pocket

こんにちは。
中川です。

今日はebay輸出になります。
ebay輸出をしている方はリサーチが一番重要といいいますが、
果たして本当にそうなのでしょうか?

今日はリサーチよりも重要なことについて、
話していきます。

有在庫と無在庫物販のリサーチの考え方

リサーチを考える上で、
まず有在庫のリサーチと無在庫のリサーチを比較したいと思います。

有在庫の場合は先に商品を仕入れるので、
自身の資金を先につかいます。

自身の資金を先に使うのであれば、
変な商品を仕入れたらそのまま不良在庫になりますので、
最初のリサーチが重要です。

ただ無在庫物販については、
自身の資金を使用して先に仕入れるわけではないので、
そこまでリサーチする必要がありません。

イメージでいうと
有在庫のリサーチを10とすると、
無在庫のリサーチは3でいいという感じです。

有在庫のリサーチは、

商品が売れているか

利益が得れていれるか

何個売れているか(回転率)

同じ商品を販売している強豪は何人いるか

自分が売り切る個数は何個か

仕入れ

といった過程になります。

それにたいして無在庫のリサーチについては、

有在庫のリサーチの過程の
商品が売れているか

利益が得れていれるか

何個売れているか(回転率)

同じ商品を販売している強豪は何人いるか

出品

までしてもいいですが、

商品が売れているか

利益が得れていれるか

出品

とこの2つの過程でよいので、

特にリサーチに注力しなくても可能です。

スタンス的にいえば、

売れている、利益がとれるなら全部出品するになります。

ebay輸出におけるリサーチより重要なこと

無在庫物販は出品する商品のリサーチについては、
過程がすくないので簡単ですが、その代わりに出品した後が大事になります。

自分が出品した商品が実際に良かったのか、悪かったのかを評価します。

商品が全然売れない方はこのことをしていない方が
ほとんどだと思います。

Ebayであれば、
“Seller hub”というデータをみることができる機能があります。
その項目のTraficという項目をみて出品を振り返ることができます。

今回、Traficについての動画を用意しました。

https://www.youtube.com/watch?v=W6cVCWX5bgM&feature=youtu.be

この方法を実践していくといままでの出品を、
見直す箇所が多くでてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です