【Amazon輸出】効率よく出品をして利益を上げる方法


こんにちは、中川です。

10月も半ばを過ぎました。
皆さん、出品は進んでいますか?
今日はAmazon輸出で利益を上げる方法についてお話します。

 

Amazonで利益をあげる方法

Amazonではカートを取っているセラーとその商品に相乗りしている多くのセラーとのあいだで、
利益を取り合っているというのが現実です。

価格競争になりがちなので例え売れたとしても利益率は低くなることがあります。
しかし、そのような状況でもAmazonで利益を大きくとる方法があります。
それは新規出品です。

新規出品のメリット

まだアメリカのAmazonでだれも売っていない日本国内の商品を出品することで、
確実にカートを取ることができます。
また、ライバル不在なので価格競争にもならないため、
利益を大きく乗せて販売することができます。

新規出品のデメリット

・出品に手間がかかる
・リサーチが大変
・相乗りが心配

まず、一つの出品にとても手間がかかるということです。
副業のセラーさんにとってはとても負担ですね。
そしてリサーチもまた骨の折れる作業です。
Amazonでは出品手数料がかからないためリサーチなどせずに出品していく、
という考え方は正しいです。
しかし、時間をかけて出品した商品の場合はそうもいきません。
時は金なりですから確実に売上につなげていきたいところです。
しっかりリサーチをしたいわけですが、向き不向きもありますし、
そもそも作業の負担が大きいです。

そして他のセラーによる相乗りの心配があります。
自分でも他のセラーの出品ページに相乗りして販売しているように、
自分が商品ページをつくって新規出品をした場合、
当然相乗りされるようになります。

そうなりますと、ライバルが増えて価格競争がおき、
結局利益が取れるのは最初だけということになりがちです。

 

デメリットへの対応策

リサーチや出品は外注スタッフに任せることで対応できます。
また、他のセラーによる相乗りの懸念についても対応策があります。
それは、ツールを利用した大量出品を行い、
その中に新規出品商品を紛れ込ませるという方法です。
そうすることで、他のセラーに発見されづらくなるため、
相乗りのリスクを抑えることができるというわけです。

さらに効率よく利益を上げる方法

前述の話を踏まえた上で、さらに効率よく販売する方法があります。
それは、新規出品を行って利益を上げているセラーをみつけるということです。
そのセラーの新規出品商品に相乗りして出品していきます。
相乗り2番手、3番手になることで価格競争になる前に利益を上げることができるというわけです。

もちろん新規出品者の価格より下げて出品するのでその分利益は減りますが、
リサーチや出品や外注の募集といった手間とお金をかけることがないので、
効率よく利益を得ることができます。

 

まとめ

今回はAmazonで利益を上げる方法として、新規出品の有効性についてお話しました。
副業でアマゾン輸出を行っているセラーさんにとっては、
できるだけ作業を減らして効率のいい販売方法をしていきたいですね。
売上を上げているセラーをみつけて真似るというのはベーシックな方法かもしれませんが、
とても効果があります。
ぜひ実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川瞬LINE@(オススメ)

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。今日は無在庫物販のツールの話しになります。なぜツールを使用する…
  2. こんにちは。中川です。明日からなのですがLINE@で物販別に情報をわけてお届けします…
  3. こんにちは。中川です。今日はebay輸出における複数アカウント運営についての話しにな…

メルマガ

PAGE TOP