ebay・Amazon

【輸出ビジネス】Amazon・ebayどちらから始める?


こんにちは、中川瞬です。

「Amazonとebayどちらから始めたらいいか?」とよく質問をうけます。

その答えは、「Amazon」になります。

 

「すぐに結果を求めているか?」

「じっくりと積み上げて結果をだすか?」という点で選択が変わるのですが、

始めてするネットビジネスをする方は、

実際にこれでいいのか?

本当に売れるのか?

と心配になり、成功体験が早い時期にこないと、継続することができず

止めてしまうことが多くあります。

 

早い段階で商品が売れる、利益がでるのはAmazonとebayを比較すると、

圧倒的にAmazonになります。

早い段階での成功体験が、大きく影響します。
Amazonとebayの特徴は

◆Amazon

<メリット>

・商品の売れるスピードが圧倒的に早い

・出品制限がない

・出品手数料がかかならい(10万品まで)

・日本のAmazonと仕様が同じなので取り掛かりやすい
<デメリット>

・価格競争がある

・リピーターを獲得しにくい
◆eBay

<メリット>

・戦略の自由度が高い

・お客様とのコミュケーションがとりやすい。

・中古品の販売にも向いている。

・リミット(出品制限)が参入障壁となっている
<デメリット>

・ひとつの商品の出品に時間がかかる

・リミット(出品制限)があるので大量出品できるまでに時間がかかる。
eBayにはリミット(出品制限)というものがあります。

初めてeBayのセラーになる方には、出品の数と金額に制限がかけられています。

経験値を積むことで制限の幅が大きくなり、出品する数と金額を増やすことができるようになります。

これは、ebayが優秀なセラーを優遇し、そうでないセラーには制限を課し、

ebayで安心して商品を購入してもらうためになります。

なので、販売経験がすくない、評価の少ないセラーは

少しづつ評価をためて、信頼を得て、売り上げが上がってきます。
一方、Amazonでは出品制限はありません。

最初からフルアクセルでいくことができます。

商品登録方法は簡単で、Amazonが写真や商品説明を用意してくれているので、

すぐに大量に出品することができます。

出品できる商品が多いということは、単純に売れる確率が上がるので、

すぐに販売につながります。

 

今回はAmazonとeBayの特徴を踏まえて、「どちらから始めるか?」という点についてですが、

結果がでるスピードはAmazonなので、私はAmazonを勧めます。

ただ、じっくりと評価をあげ安定的に利益をあげることを目的とするのであれば、ebayになります。

自身の目的に合った方を選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP