【無在庫物販】無在庫輸出は簡単にできる-その1 英語


前に「なぜ輸出ビジネスなのか?」という記事の中で、

英語が参入障壁となっていることについてお話しました。

「輸出ビジネスは魅力的だけど、英語がなぁ〜」と、この一点のみで足踏みしてしまうのです。

私も最初は見慣れない英文のサイトをみて頭がクラっとしました^^

不安なことがあると「1歩」がなかなか出ないものですね。

しかし、ここで時間をかけてしまったり、諦めてしまうのは、

「気持ちはよくわかるけど、もったいないなぁ〜」と思うのです。

今回は英語ができなくても輸出ビジネスは簡単にできるというお話です。

私は英語を話すことができませんし、聞き取ることなど夢のまた夢です。

英会話もろくにできないばかりか、中3程度の英語力さえ怪しいものです。

しかし、それでも輸出ビジネスはきちんとできるのです。

海外で活躍するスポーツ選手で流暢に英語を話せる人はそれほど多くないそうです。

その分野で頻出する英単語や言い回しをメモして、定型文として使います。

それだけでも十分やっていけるというわけです。

輸出ビジネスでも同じ考え方で対応できます。

メールをつかうので発音や聞き取りは必要ありません。

文章のの書き出しや結び、お客様の問い合わせの返答などを定型文にして使っていきます。

定型文で対応できない部分については、Google翻訳やweblioという英和和英辞典サイトを利用します。

Google翻訳は英語→日本語の翻訳に適しています。

weblioでは、日本語→英語の翻訳に適しています。

これらをブラウザに常備すればすぐに使えて便利です。

またConyac(コニャック)というクラウド翻訳サービスをしているサイトがあります。

翻訳してほしい文章を依頼すると、コニャックに登録している世界中のネイティブスピーカーたちが翻訳してくれます。

その中から一番よいと思うものを採用するというわけです。

こちらは有料ですが、スピード感があり、流れもスムーズなので便利です。

私は、翻訳していただいた英文の中で、使えそうな英語表現をストックして定型文にしています。

Google翻訳: http://translate.google.co.jp/

weblio: http://ejje.weblio.jp/

Conyac:https://conyac.cc/ja

最後に、お客様と英語でやり取りする際のコツをお話しますね。

ずばり、

「シンプルに書く、ハッキリと答える」

これにつきます。

輸出ビジネスでは、美しい英語を使う必要はありません。

きちんと伝えることができれば大丈夫です。

短い文章でストレートに英文を心がけましょう。

ぜひ今回紹介した翻訳サイトを活用して、輸出ビジネスを進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川瞬LINE@(オススメ)

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。Amazon輸入をする時にどの商品が売れているか、リサーチをすると…
  2. こんにちは。中川です。Amazon輸入で知らないとそのまま損することをまとめました。…
  3. こんにちは。中川です。私の物販は無在庫の販売を主にしています( ^ω^ )それには理…

メルマガ

PAGE TOP