Business man with check boxes over navy blue background

【輸出ビジネス】無在庫販売の利点


こんにちは、中川瞬です。

前回はビジネスの原則についてお話しました。

それは、リスクが少ない、収益性がある、コストが少ない、将来性がある、ということでした。

みなさんはどのようなビジネスを思い浮かべますか?

物販は誰にでもできるビジネスです。

では「なぜ物販なのか?」についてお話したいと思います。

物販では、販売の大きな部分を商品力にゆだねます。

商品力とは需要、「商品そのもの」の魅力です。

商品の価値=商品の相場は市場が知っています。

収益を得るために、モノを作る創造性や専門スキルは必要ありません。

つまり、私達は商品を見つけて安く仕入れて高く売ることに徹すればよいのです。

漫画家には絵を描く才能(創造性)が必要です。

料理人には料理を作る才能(創造性)と調理師免許(専門スキル)が必要です。

お店を経営するとなればさらに多額の投資が必要となります。

物販では商品力で売っていきます。

物販では、ある商品が売れているとなれば、そこには多くの販売者が存在しますが、

その中のひとりが、あなたであってはいけない理由などありませんね。

あなたがその商品を持ってさえいれば、誰かがそれを欲しいと手をあげるのです。

シンプルでわかりやすいので、誰にでもできる。

シンプルでわかりやすいので、副業でも稼ぎやすい

シンプルでわかりやすいので、事業展開もやりやすい

それが物販です。

それでは、なぜ私は輸出を選んだのか?についてお話したいと思います。

<リスクが少ない>

◆ 無在庫販売ができます。
注文がきてから仕入を行うので在庫を抱えるリスクがありません。

◆ 取引でのトラブルは、世界最大のマーケットであるeBayやAmazonに事例や解決手順が
備わっています。

◆ クレーマーが少ないですね。。
日本の顧客のように細かいクレームをいう人は少ないです。

<収益性がある>

◆ 仕入先である日本での価格と販売先である海外での販売価格に大きな価格差が生まれるます。

地域差・・・海外の人々は、日本でしか売っていない商品を買うために
飛行機で来日することはしません。

知識差・・・アニメのフィギュアや電化製品といったJAPANブランドを
よく知るファンが存在します。

こうした地域差と知識差が価格差となって大きな利益を生むわけです。

◆ 日本の中古は世界の美品

海外で流通している中古品は外装が潰れていたり商品の損傷が激しかったりすることは
よくあります。そのため、相対的に日本の中古は評価が高くなり、高額販売につながります。

<コストが少ない>

◆ 自ら集客する必要がありません。

eBayやAmazonといったプラットフォームを活用することで
広告費や販売促進費といった集客にかかる費用を抑えることができます。

◆ 無在庫で行うため、倉庫費用を大幅に抑えることができます。

<将来性がある>

◆ マーケットの規模がとても大きいです。

日本の人口1億2千万人と世界の人口72億人を比較すれば一目瞭然ですね。

◆ 参入障壁が高いです。

海外顧客との取引ということで英語が参入障壁となりますが、
実際はメールのやり取りで完結しますし、英文は翻訳ツールを使用するので
英語が話せる必要はありません。
私もそうですが、同業者をみても英語がまったくダメという方が多いです^^

<とにかく楽しい!>

◆ 海外のお客様とのやり取りが楽しい!

海外のお客様は表現が豊かで、フィードバックをくれる方が多いです。

Kindest seller ever! Awesome item and shipping, and very sweet person 🙂

Excellent seller,fast and nice.Thank you^-^!…Merci^-^! J’adore le JAPON^-^!

Swift delivery and super kind/friendly seller! Would definitely buy from again!

といったように日本では当たり前のサービス(丁寧な梱包や速やかな発送など)をしただけで
このような熱烈なメールをいただけます。また、おもちゃを手にしてよろこんでいるお子さん
の写真をいただくこともありました。こういったメールはすごくうれしいですし、
なによりもモチベーションがあがりますね。

◆ 色々な発見があって楽しい!

意外な日本の商品が海外で売れることがあります。
eBayでは「こたつ」をたくさん売っている日本人セラーさんがいらっしゃいました。
土足文化の外国人が「こたつ」を使うとは、意外に思いませんか?

また、日本人にはなかなか思いつかない目的で日本の商品を購入するお客様が多く
いらっしゃいます。
先日はランドセルをビジネスバッグとして購入する男性がいらっしゃいました^^

それでは最後にどのような日本の商品が海外で売れているのでしょうか?
一例をを見てみましょう。

電化製品でしたら、炊飯器など。
おもちゃでしたらゲームやアニメのフィギュアなど。
それから楽器、車やバイクとそのパーツといった商品がよく売れています。
あなたは、どのような商品を売りたいですか?

次回は輸出ビジネスのはじめ方についてお話したいと思います。
ありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP