【無在庫物販】ASINとSKUの活用方法


こんにちは。中川です。

今日はASINとSKUについてのお話しです。

先日、ebayは秋季のセラーアップデートでASINを商品管理番号に追加することを

発表しました。

ここで一度、AmazonにおけるASINとSKUについて、おさらいしたいと思います。

 

Amazon無在庫輸出にて大量出品するためには、商品を管理する必要があります。

Amazon無在庫輸出では、数十万件出品するのが当たり前です。

その商品管理をするために、使用しているのがASIN・SKUになります。

ASINとは、Amazonにおける商品管理番号になります。

SKUとは、Amazonにおける自身で作成できる、商品管理番号になります。

それぞれには意味、特性があり、活用の方法があります。

 

ASINはAmazonが独自につけている管理番号です。

なので、ASINのみでAmazonの商品の情報を取得することができます。

商品名、メーカー名、価格、重さ、サイズ等になります。

ASINをツールなどで使用し、商品の利益計算等が一括で可能になるなど、様々な方法で活用できます。

 

SKUについては自身が販売する上で、管理しやすいしょうに管理番号を作成することができます。

例えば、

新品の場合は 「New-ASIN」とつけてみたり、

中古の場合は「Used-ASIN」とつけることができます。

 

よくこのASINの出品した日付を入力される方もいます。

「20160303-ASIN」という表記になります。

このSKUが持つ意味とは、登録した日から何日経過したかということを一目で確認することができます。

 

それぞれのSKUに、それぞれの意味を持たせることができるのですが、販売方法にあったSKUを設定する必要があります。

無在庫大量出品についていえば、この「20160303-ASIN」と設定しません。

限られた商品数でFBA納品し、販売する方法であれば登録した日からの情報は大きな意味を持ちますが、

無在庫大量出品の場合は、月に1つ売れるような商品を大量に出品する方法では、あまり意味を持ちません。

さらには、同じASINで異なるASIN(日付の部分が異なる)の場合、異なる商品と認識し複数出品の形になります。

同一の商品を複数出品することは、Amazonから警告を受ける対象になります。

そのことからも自身の販売方法にあった、SKUの設定方法をしましょう。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川瞬LINE@(オススメ)

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。今日は無在庫物販のツールの話しになります。なぜツールを使用する…
  2. こんにちは。中川です。明日からなのですがLINE@で物販別に情報をわけてお届けします…
  3. こんにちは。中川です。今日はebay輸出における複数アカウント運営についての話しにな…

メルマガ

PAGE TOP