【Amazon輸出】Amazon輸出で中古品を販売するべきか

Pocket

こんにちは。中川です。

Amazon無在庫輸出をしている方に、
“中古品の出品はどうでしょうか?”
と質問をうけることがあります。

Amazon無在庫輸出で中古品をしている方は、
新品だけをしている方と比較すると圧倒的に少ないです。
実際にしている方が少ないので、利益が高いです。

ただそこには他の方がしない理由があるので、まとめてみました。

無在庫で中古品を扱うリスク

無在庫で中古品をを扱うリスクが、一番気になる思います。
注文を受けてから、在庫を仕入れたら状態がよくないという可能性があります。
この点のついては、仕入れる前に注文者に確認するといったことで、
この問題をクリアすることができます。

私は輸入もしていますが、日本商品の中古と輸入商品の中古を比較すると、
日本の商品の中古の商品の方が状態がよいので、そこまで気にする必要ありません。
商品の状態がどうしてもきになる方は、仕入れの対象のコンデシィションを
“ほぼ新品”にしたら問題はありません。
“ほぼ新品”からスタートし、徐々に状態を落とす方法で実践をしましょう。

Amazonのアカウントヘルスの関係

先ほどの無在庫で中古品をを扱うリスクという点で、
Amazonのアカウントヘルスの問題があります。
新品で販売するのと比較すると難易度があがります。
新品でアカウントヘルスを維持することが
できていない場合はやめておきましょう。

新品でアカウントヘルスを維持することができている方については、
中古品を扱うことに挑戦してみていいと思います。

ebayをしているので中古品をAmazonに出す必要がない

中古品を海外に販売する時にebayをしている方は、
“Amazonで販売するのか?”
“ebayで販売するのか?”という選択があります。

基本的にebayの方がアカウントヘルスの維持が容易なので、
ebayのアカウントがあれば、無理をしてAmazonで販売する必要もありません。

ただAmazonの強力な集客力があることからも、
Amazonにて販売、またebayとマルチチャネルで販売する方法があります。

条件にあった中古品が見つかりにくい

Amazonで中古を販売する時には、
まず条件を決めます。

例えば、
・日本に中古品が3品以上などです。
・商品の状態が良い以上
・アメリカにカタログがある
・利益がOO円以上
といったところになります。

中古での販売ではこの条件にあった商品を抽出することが、
非常に難しくなります。

この条件にあった商品を手動で探すには、
かなりの時間を要してしまいますので、
この条件にあった商品を収集するツールが必要といえます。

まとめ

Amazon輸出における中古品の販売は、参入者が少なく利益率も高い。
しかし、アカウントヘルスの維持が新品と比較すると難しい点がある。
新品での販売を経験してからで順序であれば、販売していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です