【Amazon輸出】知的財産権の侵害のアカウント停止されない出品の考え方

Pocket

こんにちは。中川です。

今日はAmazonの知的財産権の侵害についてになります。
知的財産権の侵害の商品のリストを持っていたとしても、
すべてに対応することは難しいです。

ただ、知的財産権の侵害の侵害になりにくい出品の考え方は大事ですので
ぜひ知っておきましょう!

どのようなASINが知的財産権の侵害になりやすいか考える

サスペンドの中で一番急に来るものは、知的財産権など権利系の問題です。

普通にオーダーディフィクトレートといった悪いフィードバック。
キャンセルレート、発送遅延率については、数値を確認しすることができるので、
事前に自分が予測できるので、回避することができます。

これと違って知的財産権の侵害は予測することなく、
急になることがあります。

この知的財産権のアカウント停止については、
累積のものもありますし、その1件だけでなってしまうこともあります。
(なってしまった場合は業務改善文で復活はできるので、ご安心を)

この突発的な問題をできるだけ、起こらないようにしておくことは大事です。

どのように起こらないようにするかというと、
知的財産権がある商品は中国のOEM商品が多かったりします。

中国で自社商品を作成しその権利を主張しているケースですね。
なのでASINを取得する時に、そのようなASINの取得を避けるような方法でします。

これは1つの例ですが、これだけでもかなり起こりにくくなりますので、
他のどのような商品が知的財産権の侵害があるのか、確認することは大事になります。

ASINを入れる件数を減らす

知的財産権の侵害をされない最終的な方法は、
最終的にASINを入れないという考えです。

入れなったら売れないじゃないかと言われると思いますが、
ASINを入れるっていうことをリスクとしてとらえることが大事です。

ASINを入れるという事は新しい商品を入れるので、
売れる可能性があがりますが、その中に変な商品も入ってしまう可能性があるという事です。

アカウントが2つあったとします。
アカウントが2つある場合は、1つのアカウントのASINを入れて、
問題がなければもう1つのアカウントに入れるということをします。

最悪、ASINを最初に入れているアカウントについては、
アカウントが停止されるということを踏まえて運営します

このようにすることで
長い期間メインのアカウントを守ることができます。

アカウントが2つあると収益の柱が2つなので安定します。
そういう事をすることによって、
サスペンドされにくい運営と、リスク安全な運営が出来るということでした。

ということで、今日はサスペンドされない考え方についてお話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です