【Amazon輸出】Amazonでの第三者関連サスペンドについて

Pocket

こんにちは。中川です。

今日はAmazon販売における、第三者の関連サスペンドについてになります。

このサスペンドについては、第三者と同じアカウントと判断したために

アカウントがサスペンドになります。

しかしAmazonからの第3者の関連サスペンドの要因について、

具体的は説明はないので、考えられる要因と改善方法について挙げます。

第3者の関連サスペンドになった方は、この中の内容であると考えられます。 

サスペンドされた別アカウントと同じIPアドレス

これはサスペンドされた回線と同じIPの場合と、共有オフィス等の同じ回線使用の場合があります。
またサスペンドされたVPSをしようしてしまった場合もあります。
私はアカウントごとにwi-fiを用意して運営しています。

サスペンドされた別アカウントと同じクレジットカードを登録

クレジットカードの番号で判断しているので、

同じ名義でもカード番号がちがう場合は大丈夫なことが多いです。

しかしサスペンドされる可能性は0ではないので、

名義もちがうカードにする方が良いです。

サスペンドされたアカウントと同じ銀行口座を使用している。

これはクレジットカードと同じ内容です。

ただ口座が別になると、管理が大変なこともあります。

サスペンドされた別アカウントでログインしていた、外注がログイン

雇用した外注の方が過去にサスペンドされた、アカウントにログインしたことがある場合。
回避するためには、リモートでメインのアカウントをしようしてもらうことで回避できます。

別アカウントと、全く同じ文面のお礼メールを送っている

文章をまったく同じ場合に、サスペンドの可能性は0ではありません。

別アカウントと同じ出品商品の説明分を記載

文章をまったく同じ場合に、サスペンドの可能性は0ではありません。

出品している商品が他のアカウントと同じ

これについては、どのくらいの出品が同じでサスペンドの対象かは不明ですが、

アカウントを新規作成してから、1~2ヶ月間は大量に出品しない方が確実になります。

まとめ

すべての要因ではありませんがこの新規にアカウントを作成する時は、

これらの項目に注意をしましょう。

そして逆にいえば、この項目に注意をすれば複数のアカウントを作成することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です