【Amazon輸出】Amazonの送料設定のポイント

Pocket

こんにちは、中川です。

今回はAmazonの配送設定についてお話します。

配送送料の考え方

Amazonでは発送方法や送料は一律に設定にます。
私がオススメするのはStandard送料無料です。
商品代金に送料を含んで販売価格を設定します。

こうすることにより、

・バイヤーの目に止まりやすい
・セラーとしても管理がしやすい

という利点があります。

配送地域の設定

項目は以下の内容となります。
・アメリカ国内
・アメリカ国内の私書箱
・アラスカ・ハワイ
・アラスカ・ハワイの私書箱
・アメリカ保護領内
・アメリカ保護領内の私書箱
・米軍基地、空軍郵便局/米国海軍郵便局
・カナダ
・ヨーロッパ
・アジア
・欧米・カナダ・アジア以外の地域

米軍基地には配送できないので、チェックをはずします。
また、欧米・カナダ・アジア以外の地域というと南米やアフリカということですが、
最初は外しておくことをお勧めします。
カナダ、ヨーロッパ、アジア、アラスカ・ハワイもはずしてアメリカ国内だけに絞るのもアリです。
販売力は十分にありますので、慣れてきたら徐々に地域をひろげ、
ヨーロッパなど取り扱う地域を広げていきましょう。

配送スピードについいて

Standard(通常配送)
Expedited(速達配送)
Two-day(2日以内)
One-day(24時間以内)

日本からの発送でTwo-day, One-dayは不可能なので、StandardとExpeditedを選択します。
Standardに対応する配送方法はePacket あるいは SAL便、ExpeditedではEMSと考えるとよいでしょう。
Expeditedの配送スピードで対応できるかどうか心配な方は、Standardだけでも十分です。
余裕がでてきたらExpeditedも選択できるようにすれば大丈夫です。

送料設定について

StandardとExpeditedを選択した場合は、Standardを送料無料にします。
Expeditedはオプションとして料金を設定するようにしましょう。
Standardでの配送料は商品価格に含めていますので、
Expeditedでの料金はStandardでの実際の送料とEMSでの送料の差額を入力します。
入力する箇所は、下画像のようにプルダウンで”per item”を選択したところとなります。

まとめ

配送日数はご自身が対応できる範囲で設定することでトラブルを減らすことができます。
ただ最初は設定は個人個人にに適しているものがあるので、
今回オススメの設定をお伝えしました。
ビジネスに慣れてきましたら、ご自身にあった設定をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です