【Amazon輸出】Amazon輸出の始め方と登録方法

Pocket

こんにちは、中川瞬です。

今回はAmazon輸出のはじめ方についてお話します。

Amazonは、Amazon北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)、Amazon欧州(イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア)と、世界規模で展開しています。

まずは、アメリカからはじめましょう。

https://www.amazon.com/

Amazon輸出ビジネスはすでに飽和状態なのではないか?と思う方もいるかもしれません。

昨年私がはじめたときも同じように言われていましたが、いわゆる後発組の方でも短期間に結果を出すことができます。

心配することよりもやってみることで、見える風景ががらりと変わります。

まずは始めてみましょう!

まずはAmazon.comに登録をしましょう。

登録方法の動画を撮影したので、こちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/enhance?video_referrer=watch&v=zy5qB5eXKUE

さてAmazon輸出ではもう1つ登録することがあります。

売上金を受け取るための口座が必要です。

みなさんはもう登録しましたか?

アメリカの場合、ビジネスの売り上げは個人の口座で受け取ってはいけないという決まりがあります。

なので、Amazon輸出の売り上げを受け取る海外の法人口座が必要というわけです。

海外の法人口座の作成というと、ものすごいハードルが高く感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

渡米することなく、自宅で簡単に受け取り口座を作れるサービスがあります。

口座作成時に費用もかかりません。

これらサービスを提供している会社としてWorld FirstとPayoneer(ペイオニア)があります。

どちらかを選んだらいいか、2社を比較してみました。

  World First Payoneer
送金手数料 無料(送金額1000ドル未満は30ドル) 売上の1%(累計受取額$200,000以上で無料)
為替手数料 2%(金額によりレート優遇) 2%($500000~段階的に1.8~1.2%)
最低送金額 なし(1000ドル未満は$30) 500ドルから
口座維持手数料 なし 29.95ドル
取扱い通貨 USドル・ユーロ・ポンド・カナダドル USドル・ユーロ

<比較結果>

送金手数料・・・100万円の売り上げで1万円、500万円の売り上げで5万円の差となります。

為替手数料・・・World Firstでは、月商が大きくなると送金手数料レートが1%になります。

取扱通貨・・・World Firstなら今後Amazon.US以外で輸出をしたい時にも対応が可能です。

これらを踏まえると圧倒的にWorld Firstが魅力的です。

実際私もWorld Firstを使用しています。

これから始める方は、最初から手数料が安いWorld Firstからはじめましょう。

World Firstの登録はこちらからになります。

https://www.worldfirst.com/jp/online-sellers/?ID=2880

World Firstの登録方法も動画を作成しました。

https://www.youtube.com/watch?v=VrFjc5Rje2M&feature=youtu.be

こちらをご覧ください。

これでAmazon輸出で販売する準備ができました。

それでは、次回はAmazonでの出品方法についてお伝えしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です( ^ω^ )昨日オンライン販売者向けの外国通貨サービスをしているワール…
  2. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  3. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
PAGE TOP