【Amazon輸出】販売できない商品まとめ

Pocket

こんにちは。中川です。
今日はAmazon輸出においての、禁止商品と出品時に注意する商品を紹介します。
先日紹介した、Inventory Loderファイルを作成する時に、必要なので確認しておきましょう。

<禁止商品>

①日本からの輸出禁制品
こちらはJETRO(日本貿易振興機構)で確認できます。
https://www.jetro.go.jp/

②販売先の国での輸入禁制品
こちらについては税関に公式サイトで確認することができます。
http://www.customs.go.jp/

・食品関連
・動植物関連
・高性能な電子機器類
・特許権/意匠権/商標権などを侵害する物品
・化粧品/医薬品(無許可の場合)
・酒/たばこ/可燃性の物品/武器類
・DVD や CD などのメディア製品の複製品販売や偽物
・非合法商品
・危険物質や液体

<規制商品>
①日本からの輸出規制品
こちらについても、JETRO(日本貿易振興機構)で確認できます。
https://www.jetro.go.jp/

②販売先の国での輸入規制品
http://www.customs.go.jp/
こちらについても税関に公式サイトで確認することができます。

<禁止・確認商品>
①国際郵便として送れないもの
こちらは日本郵便さんで紹介していますのでこちらを参照しましょう。
http://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/

・電化製品 (電圧が国によりことなるので事前にお知らせしましょう)
・乳幼児の製品 (販売に許可が必要なものがあります)
・並行輸入品 (メーカーが並行輸出を規制しようとしている商品あり) 

禁止商品と出品時に注意する商品にについて、ご紹介しました。
おおくの種類があり、複雑ではありますが、詳細については、専門の機関にお問い合わせすると、すぐに解決します。
これらを守り安全にビジネスをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です