【Amazon輸出】無在庫販売でのビジネスレポートの活用

Pocket

こんにちは。中川です。

みなさんはAmazonのビジネスレポートを、ご覧になったことはありますか?

ビジネスレポートとは、セラーが売上状況などを様々な角度から、
分析するために用意されたAmazonのツールです。

無在庫販売でも、ビジネスレポートを使用することによって、
注目する商品がわかります。

ビジネスレポートはAmazonセラーであれば誰でも使用できるので、
一度使用してみましょう。

ビジネスレポートの確認の方法

ビジネスレポートは以下のようにして表示させます。

seller central → REPORTS → business Reports →
By ASIN → Detail Page Sales And Traffic by Child Item

日本のAmazonでも同じようにして表示させることができます。

ビジネスレポートの見るポイント

<Buy Box Percentage(ショッピングカート獲得率)>

自分の出品している商品が、すべての出品者の中でショッピングカートを
どれくらいの割合で獲得しているかがわかります。

ショッピングカートを獲得しているかどうかは、Amazon輸出での売上の増減に直結します。

また、なかなかカートを取得できず、商品が売れない場合、以下の方法を検討しましょう

・値下げをする
・アカウントヘルスを向上させる
・評価を増やす

<Session>

出品者のページをカスタマーが訪問した数。
24時間以内の複数訪問数は1とカウント。

つまり、その商品を閲覧した人の数のこと。
商品のSession数は、商品の売れ行きに大きく関係する項目です。

たくさんの見込み客の目に商品が触れれば、それだけ商品が売れるチャンスが広がります。
Sessionを増やすためには、適切なキーワード設定が肝心です。

インターネットで目当ての商品を探す時、商品を探す側はキーワードを入力して検索するか、
もしくは商品写真で探すしかないからです。

新規出品では、「商品タイトル」と「Search Terms」に、
適切なキーワードを盛り込んでいくようにしましょう。

<Page Views>

同一閲覧者の複数訪問数もカウントした、
商品ページが閲覧された回数のこと。

活用方法の考え方は、Sessionと同じ視点で考えます。

<Unit Session Percentage(ユニットセッション率)>

製品を見た人数で、どのくらいの人が購入されたかの割合です。

つまり、コンバージョン率、成約率になります。
コンバージョン率を上げるには、商品価格や商品ページの内容が重要になってきます。

相乗り出品の場合は、価格につきます。
新規出品の場合は、商品カタログの作り込みが影響します。

商品ページの情報が少なかったり内容や文章に信憑性がなければ、
ページを訪れた見込み客の商品購入意欲は下がってしまいます。

この点に注意しましょう。

ビジネスレポートではまず、
・Buy Box Percentage(ショッピングカート獲得率)
・Unit Session Percentage(コンバージョン率)
・Session
・Units Order

の4つをしっかり活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です( ^ω^ )昨日オンライン販売者向けの外国通貨サービスをしているワール…
  2. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  3. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
PAGE TOP