【Amazon輸出】Amazonゾンビセラーで考えられる最悪の被害

Pocket

こんにちは。中川です。

先日お話しした各国に急に発生したAmazonゾンビセラーについてになります。
ゾンビセラーについてしらない方は、こちらをどうぞ!

http://nakagawasyun.com/amazon-bad-seller

ゾンビセラーの話は、
ニュースでも放送されています。

実際に被害に合っている販売者のインタビューもありまして、
自社のオリジナル商品を半額以下で販売していて、
毎日100個売れる商品がゾンビセラーのせいで、
いまでは2〜3個しか売れないとのことです。

季節もの商品のため、
これが売れないと大きな被害になるとのことです。

このように、他の販売者のアカウントが乗っ取られて、
自身の売り上げに影響が出るパターンもありますが、
自身のアカウントが乗っ取られるともっと被害ができます。

今回は一番最悪なパターンについて考えてみました。

運営しているアカウントが運営中のアカウント

今回、無差別のアカウントが乗っ取られています。
比較的、昔運営しているアカウントが、
乗っ取られたという話をききますが、
運営中のアカウントも乗っ取られています。

なので今収益をあげているアカウントが乗っ取られることが、
一番最悪なパターンになります。

そしてそのアカウントのパスワードを変更され、
勝手に運営されることが最悪になります。

運営しているアカウントがFBAの有在庫販売の場合

もし乗っ取られたアカウントが、
無在庫、自己発送(有在庫)、FBA(有在庫)の場合、
一番危険なのはFBA(有在庫)です。

というのも自分がFBAに納品している在庫を勝手に安売りされた場合、
ものすごい勢いで売れます。

購入者も今、ゾンビセラーが多くあまりにも安い商品については、
購入をためらうこともありますが、FBAであれば購入します。
なので一瞬で在庫が売り切れる可能性があります。

そして売上を銀行口座を変更され、送金された場合、
在庫も、売上ももっていかれてしまいます。

これが一番大きい被害になります。

最終的にアカウント閉鎖

現在、乗っ取られたアカウントがその後、
もとの運営者にアカウントがもどるのかはわかりませんが、
乗っ取られている間にアカウント屁するが悪化し、
アカウントが停止する可能性が高いです。

なのでアカウントが停止した場合、
今後の運営も注意が必要です。

まとめ

まずは自分のアカウントを乗っ取られた時に、
どのような被害があるかを予測して、
前回の内容と同様ですが、アカウントの管理を厳重にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  2. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
  3. こんにちは。中川です。 Amazon輸出をしていると、 自分の管理画面では出品をしているにも…
PAGE TOP