【Amazon輸出】Amazonでの悪い評価を削除する方法

Pocket

こんにちは。中川です。

今日は、サスペンドの1番の原因である、
悪い評価(ネガティブフィードバック)への対応についてです。

サスペンドには、原因がいろいろあります。
知的財産や著作権の問題のような予期せぬサスペンドは、
多少仕方がない部分があります。

しかしOrder Defect Lateのように、基準の数値がわかっているものは、
自身でコントロールできるので、しっかりしていきましょう。

評価の基準

Amazonではバイヤーがセラーに対して、

1(非常に悪い)
2(悪い)
3(普通)
4(良い)
5(非常に良い) 
までの5段階で、評価を付けることができます。

Amazonの評価システムの上では、
この1と2がOrder Defect Lateに影響します。

Amazonに評価の削除の依頼をする

Amazonではバイヤーが付けた評価に対して、
Amazon側の判断で評価の削除をしてくれます。

1.卑猥な言葉を含む表現
2.氏名、電話番号、住所、URL、メールアドレスなどの個人情報
3.評価内容が事実と反している                                               
4.商品に関する意見(商品レビュー)
5.FBAの配送やAmazonについての意見                                                                                 
上にある内容は、含まれてる場合はすぐにAmazonに連絡しましょう。

バイヤーに評価の削除の依頼をする

Amazonの評価削除対象になっていない評価を削除したい場合は、
バイヤーに直接メッセージを送ります。

この際にはこちらの非を認めて、誠意をもって謝罪します。
状況にもよりますが、商品代金や送料の一部を返金したり、
Amazonのギフトカードを送るといった方法も1つになります。

返金やAmazonギフト券を渡す時は、
お金で評価を変えてもらうような言い回しはやめましょう。 

「あくまでも謝罪の一環として返金をしている」というニュアンス
でメッセージを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です