【Amazon輸出】AUTOMATE PRICINGの活用

Pocket

こんにちは。中川です。

Amazonの価格改定が追いつかず、売れたけれども利益が出るどころか損になった、
なんて話をよく聞きます。

このわずらわしい作業を効率よくできたらもっと楽になるのに、
とは誰もが思うところです。

今日は1つツールをご紹介します!

AUTOMATE PRICINGとは

価格改定を自動でやってくれるツールが市販で出ていますが、
アマゾンがセラー向けに提供している公式の価格改定ツールです。

「AUTOMATE PRICING」というツールで、
セラーが作成した価格改定ルールをもとに、
出品中の商品価格を自動的に改定することができます。

価格改定に多くの時間をとられることも、
想定外の損失をまねくこともなくストアを運営できます。

セラーセントラルのPricingからAutomate Pricingを
選択してツールを使うことができます。

AUTOMATE PRICINGの機能

商品価格は常に変動します。
Automate Pricing、ある商品のショッピングカートボックス価格あるいは最低価格に対して、
どれだけの価格にするかを事前に設定すると、
自動的に価格改定を行ってくれるというツールです。

比較対象となる価格は、カートボックス価格か最低価格です。
どの程度の価格にするかは、$10高く、$10安く、あるいは同額と設定できます。

また相対値%でも設定できます。

また比較対象となる商品としてASINとコンディションが同じすべての商品、
出荷方法が同じ商品のみ、Amazon直販部門以外の出品者の商品のみを選択できます。

設定した内容を反映させる商品を選びます。

反映させる出品中の商品を選ぶ際に価格改定させる範囲、
下限価格と上限価格を決めることができます。

これで比較対象となる価格が高騰したり
急落したりしたときに備えることができますね。

例えば、自分のストアで$100で出品している商品があった場合、
自動価格改定ができるよう、以下のように設定することができます。

ショッピングカートボックスの価格より$10高く設定する。
価格改定させる範囲は、$100 – $120と設定します。

この商品のルールを設定した時に、
ショッピングカートボックス価格が$95だった場合、
自分が出品している商品は105$に価格を変更されます。

というわけで、カートボックスの価格が$100になると自分の販売価格は
$110と自動的に変わります。

カートボックスの価格が$115に上昇すると、
自分の販売価格は+$10されるので$125ですが、
上限価格を$120と設定しているので、$120と価格改定されます。

このツールをうまく使うと、価格改定の効率化、機会損失の回避、売上の増大につながります。
ただし、この価格設定は販売商品の仕入れ値が変化しないことが前提になります。

そのため、先に仕入れて価格が一定な有在庫販売の場合は力を発揮します。

しかし無在庫販売の場合は、仕入れ値が変動するので適していません。

無在庫販売であれば、先に仕入れて評価あげの商品に使用するといったところでしょうか。

自分の販売方法とツールを特性を理解して、使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です