【Amazon輸出】Amazonの販売する時に注意すること

Pocket

こんにちは。中川です。

Amazonでの販売はもの凄く売れます。

ただ、気をつけることがあります。

Amazonというマーケットプレイスの場所で販売しているので、

Amazonのルールを守りながら、販売することです。

あなたがそのルールを把握していなくても、

ルールを破る行為をしてしまった場合、最悪はサスペンドになります。

今後Amazonで販売することができなくなってしまい、

販売の機会損失となってしまいます。

Amazonの全ての規約を把握することは難しいですが、

注意する点を抜粋しているので、

ここに書いてあることは知っておきましょう。

出品禁止商品を出品

食品や化粧品、医薬品など、商品の販売に許可が必要な商品があります。

この商品を無許可で販売する行為。

また、DVD や CD などのメディア製品の複製品販売。

偽物の販売も禁止です。

バイヤーの外部誘導

バイヤーの外部誘導とは、購入者や問い合わせがあった方を、

Amazon の外部に誘導して、直接取引を持ちかけるような行為になります。

ただ意図して、外部誘導をしていないにもかかわらず、

外部誘導とみなされてしまうことがあります。

例えば、購入者の商品や送料の代金の1部がなんらかで、

不足した際に、自身のメールアドレスと自身の口座番号を伝え、

振り込みをしてもらった場合、これも外部誘導とみなされます。

これは、

・銀行口座を直接伝えたという行為

・個人のメールアドレスを送った行為

によって、外部誘導しているとみなされるからになりますので、注意しましょう。

評価や商品レビューの操作

評価というのは、販売者としてお客様からもらう評価になります。

商品レビューというのは、お客様が購入した商品への評価になります。

評価の依頼は問題ありませんが、金銭で評価を買うことや、削除してもらう行為は規約違反に当たります。

関係者によって営利目的の商品レビューを投稿すること、 報奨金を提供するような商品レビューを依頼したりすることも禁止になります。

メーカーや知的財産権を侵害する行為

Amazonでは、国内代理店の権利がある商品も販売しています。

また並行輸入を規制および禁止しているメ ーカーの商品も販売されています。

国内代理店の権利がないいまま、並行輸入も許可を得ていない商品をAmazon に出品していると、

出品が削除されます。

メーカーからAmazon にクレームが入り、アカウント停止などにつながることもあります。

それらの全てのメーカーからクレームが入り、アカウントの影響があるわけではないですが、

注意が必要になります。

 
自身が意図しないことでも、規約に反していると捉えられてしまうこともあるので、
 
注意しましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です