【Amazon輸出】ファイル出品で一括出品

Pocket

こんにちは。中川です。

今日は、Inventory Loaderファイルを使用して、
Amazonに一括出品するお話です。
Inventory Loaderファイルとは、商品名、サイズ、価格、在庫、利益といったデータを
入力するファイルになります。
この項目については、前回ASINですべて情報を取得できると話しましたね。
ファイルの型にこの項目をはめこんで、Amazonにアップロードすると、
一括で出品をすることができます。
1品1品出品するのと比較すると、もの凄く早く出品ができます。
ただし出品する前の準備があるので、そのことについてお伝えします。

出品前のフィルタリングとは

商品には、Amazon輸出で販売できない商品があります。

・取扱禁止商品
・国際郵便として発送できないもの
・知的財産権(IPR)を侵害する商品

これらの商品の詳細については、こちらを参照してください。
もしこの取取扱禁止商品と国際郵便として発送できないものを、出品してしまった場合、
お客様に届けることができません。

また、特に注意したいのは、知的財産権(IPR)の警告を行うメーカーの商品です。
メーカーでいうと、CANON Fujifilm Olympus Sigmaなど有名な日本企業も含まれます。
これらの商品を販売した場合、最悪アカウントのサスペンドになってしまうので、
注意する必要があります。
なので、安全に販売するためにこれらの商品を省く、フィリタリングをします。

 フィルタリングの方法

ASINから取得したデータの商品名、ブランド名、メーカー名にフィルタリングしていきましょう。
メーカーでしたら、例えば”CANON”、”キャノン”のようにキーワードを決めます。
この場合は、英語表記と日本語表記両方が望ましいです。
発送禁止商品でしたら、”銃”,”GunmAh”、”ml”といった単位のようにキーワードを決めます。
フィルタリングする関数を入力したエクセルファイルにこれらキーワードを入れていきます。
これで取扱禁止商品と発送禁止商品を除外するためのエクセルファイルができます。
もしエクセルのファイルの作成が苦手な方は、クラウドソーシングで外注に作成を依頼しましょう。
数千円ほどで作成してもらえます。

出品ファイルの作成と出品

フィルタリングができたら、Inventory Loaderファイルに項目を入力します。
データはASINから取得したデータに、仕入れを含めた経費に利益を加えて作成します。
ASINから取得した、仕入値、サイズと重量から送料を算出することができます。
あとはAmazonの手数料と為替情報がそろえば完成することができます。
このように各項目を入力したInventory Loader Fileをアップロードすることで、
出品をすることができます。

出品するまでの流れを一回まとめると、
1,ASIN収集
2,PRIMAでASINからデータ取得
3,フィルタリングファイルでデータから出品・発送不可データを除外
4,エクセルでInventory Loader Fileを作成
5,Amazonに一括アップロード
一見難しいように感じるかもしれませんが、1回シートを作成すると再度この作業を
することはありませんので一度ファイルを作成し出品しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です