【Amazon輸出】ASINから商品の情報を取得

Pocket

こんにちは、中川です。

Amazon輸出ではASINの収集が大切です。

前回はASINを集めて大量出品していくというお話でした。
今日はASINの抽出とデータ取得についてお伝えします。

ASINを1,000、2,000と収集するのに、手動でやっていくのはムリがあります。
Amazon大量出品にはASIN収集ツールが必須です。

ASINを取得するにツールで、よく使用されているのは、
ZON ASIN HUNTERです。

ZON ASIN HUNTERとは?

・AmazonのURLからデータを収集することができます。
・Windows用のツールです。
・海外製のツールです(言語は英語)。
・データはWEBスクレイピングで取得します。
・3000円程度で買い切りで使用できます。
・各国のAmazonに対応しています。

ツールのイメージがつかない方は、
動画を撮影したので、見てください。

ASINを抽出する

まず取り扱うカテゴリーを決めます。

そのカテゴリにあるすべてのASINを取得します。

例えば「スポーツ&アウトドア」を選び、
そのときに表示されているURLをもとに、ASIN収集ツールでASINを抽出します。

リサーチしたり、価格差を計算する必要はありません。

取り扱うと決めたカテゴリーのすべてのASINを収集して出品していきます。

 

ASINからデータを取得する

収集したASINから出品に必要なデータを取得します。

商品名、サイズ、価格、在庫、利益といったデータを一気に取得します。

ずらりと並んだASINからこうしたデータを取得するには、データ収集ツールを使用します。

PRIMAというツールをオススメします。
http://prima-tool.com/

流れをおさらいしましょう。

取り扱うカテゴリーのASINを収集ツールで抽出して

それらASINのデータをデータ収集ツールで取得します。

たったこれだけで出品の準備ができました。

それらデータを使用して、「Inventory Loaderファイル」の型にはめ込めば、

Amazonに一括出品ができます。

「Inventory Loaderファイルからの一括出品」については、

次回お伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です