【Amazon輸出】Amazon輸出は基本全部出品

Pocket

こんにちは、中川です。

今日は、Amazon輸出は全出品というお話です。

Amazonでは基本的に最初から大量出品をして利益を上げることができます。

そんなことができる理由は、Amazonというプラットフォームにいくつかの特徴があるためです。

①ASINがある

②ASINはAmazon各国で共通

③出品手数料がない

④出品数に制限がない
詳しくみていきましょう。

①と②について

AmazonにはASIN(Amazon Standard Identification Number)という

Amazonが設定した商品識別番号があります。

例えば、Amazonで取り扱っていない商品が近所のお店にあるとしましょう。

これをAmazonに出品するとAmazonからASINが与えられます。

商品1つに1つのASINとなるわけです。

AmazonはこのASINで商品を管理しています。

ASINは世界各国のAmazonで共通なので、

その商品をアメリカのAmazonに出品すると日本と同じASINが付きます。

③と④について

出品手数料も出品数の制限もないので、大量に商品を出品することができます。

さらに無在庫販売であれば、どんな商品を出品しようかと考える必要もありません。

なぜなら、出品手数料がないので、たとえ売れなくてもリスクがないからです。

全部商品を出品して、売れてから人気な商品がわかります。

つまり、リサーチする必要がないというわけです。

有在庫販売では売れる商品をリサーチしてから、仕入れをします。

在庫リスクがあるので精密なリサーチが必要となります。

しかし、無在庫販売では商品を出品して、

売れたら仕入れる流れになります。

出品手数料がなく、出品数に制限がなく、在庫リスクがないとなれば、大量出品ができるというわけです。

ネット上にある商品をすべてAmazonに出品することもできます。

もちろん実店舗の商品も同じく出品できます。

「ひとつひとつの商品を、Amazonに出品するには手間がかかりすぎて現実的でない」

という声が聞こえてきそうです。

そこで、①と②でご紹介したASINがポイントになります。

Amazonでの出品方法には大き分けて2つの方法があります。

新規商品出品と既存商品出品です。

新規商品出品とは、まだAmazonに登録されていない商品、

まだ誰も販売していない商品を、1からデータを入力して出品する方法です。

出品の際に手間と時間がかかります。

既存商品出品とは、すでにAmazonに登録されている商品を、

価格や在庫数などを入力するだけで出品できる方法です。

つまり、誰かがすでに出品している商品に自分も相乗りして、販売するというものです。

出品に手間がかからないので、少ない時間で大量に出品することが可能です。

ASINは、出品する既存商品を大量に集めるときに威力を発揮します。

ASINの取得方法についてはまたお話しましょう。
今回はAmazon輸出は基本全出品というお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中川LINE@(ノウハウ情報)

メルマガ

ピックアップ記事

  1. こんにちは。中川です( ^ω^ )昨日オンライン販売者向けの外国通貨サービスをしているワール…
  2. こんにちは。中川です。今日は信頼できるできる外注と ビジネスを進めようという話になります!…
  3. こんにちは、中川です。今日はebayで販売した商品が海外から勝手に返送されてくることがあります。…
PAGE TOP